カップラーメンを食べるとき

公開日:  最終更新日:2014/08/07

流しの下をゴソゴソやっていたら、
カップうどんを発見。
消費期限を見たら。

06.05.23

過ぎてるっ!
うわ~、カップラーメンの消費期限切れってはじめてみたよ。
って、感心してる場合じゃないか。

カップラーメンと言っても、私が買うのはうどんか焼きそば。
「料理したくない」ってときじゃなくて、
ジャンクフードとして「食べたい」ってときに食べる。
いつまでもときめきを失わない、遠距離恋愛のような関係。

実家ではカップラーメンを食べることはなかった。
よく食べるようになったのは、大学生のころ。
友達の家に集まったとき、みんなでコンビニで買って食べた。

一度、友達に「カップヌードル買ってきて」って言われて
適当なラーメンを選んで買っていったら、
ちがう~ってがっかりされたことも。

↓コレの商品名だったのね
日清 カップヌードル しょうゆ

あとはランチタイムをとれなかった社会人時代。
15:00ごろになってやっと食べる昼ごはんは
コンビニかファーストフードで買うしかなくて、
会社でカップ焼きそばを食べていた。

もと役者志望だった先輩がそのにおいをかいで
「貧しさのにおいだね」って懐かしそうに言った。
貧しくてカップラーメンを食べるという感覚はなかったから、
ドキッとしたのを覚えている。

でも今思うと、カップラーメン=貧しいってほどでもないよね。
カップラーメンが1個100円として、3食分で300円。
たぶん彼は、料理をしなかったんだろうな。

もし私が貧しくて食費を削るとしたら、
3食128円のうどんを買って、1本100円のネギを買って、
1個20円の卵を3個買ってかけうどんに卵をのせる。
100均でパスタと乾燥にんにくと鷹の爪を買って
ペペロンチーノをつくるのもいい。

って、これって今でもやってるメニューじゃん。
お金がないときじゃなく、料理したくないときにだけど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事一覧:中食・お惣菜

コメント

*

PAGE TOP ↑
single