蕨『麺屋 永太』の特製海老蟹スープラーメン。甘海老と渡り蟹の濃厚スープ

公開日:  最終更新日:2018/05/08

蕨のラーメン屋さん『麺屋 永太』が4周年を迎えました。5月3日(木)・4
日(金)の2日間が特製海老蟹スープで営業とのことなので、食べてきました。

ゴールデンウィークが開店記念日の永太さん。毎年お天気が良くて、並んでいるときかなり暑いんだよね。

前日の天気予報では、お昼ごろまで雨のようす。

雨が降っているうちに行ったほうが並ばずに済むかも!?とやや早めに起きてみたものの、10時過ぎにはすっかり雨がやんでいた。

はい、おとなしく遅めに行きましょうね。

蕨『麺屋 永太』特製海老蟹スープラーメンの並び時間

蕨『麺屋 永太』 お店の外観
15時30分過ぎに到着。

えっ、すごく並んでいる!?今年は2日間あるからいつもより並ばないだろうと思っていたら、予想よりもずっと列が長くてひるんだ。

どこかで30分くらい時間を潰そうかと考えたけれど、近くにお店はなし。駅前まで行って戻ってくるのも並ぶのも同じかなってことで並びました。

外に20人くらい並んでいて、店内にはたぶん3~4人。

永太さんは1人に5分くらいかかるので、店内に入るまでで1時間半は待つなと覚悟する。予想どおり店内に入るまでで1時間半、ラーメンが出てくるまでで2時間弱だった。

Twitterを見てもだいたい2時間待ち、長い人では3時間並んだとあった。

例年より混雑しているような・・?

永太さんの修行先の『べんてん』がお休みだそうで、並び慣れている人たちが来ていたのかもしれない。

ご近所っぽい人は行列を見て帰る人も数組。うん、わざわざ遠くから来たら並ぶだろうけれど、のんびり来てみたらそうなるよね。

今日は曇っていて、風が強すぎる以外には涼しくて過ごしやすい。例年の暑さにくらべれば、時間が長いだけで並ぶのは苦ではなかった。

ただし、お店のドアの前に到着してからは別!海老蟹スープのいいにおいが漂ってきて、たいへん苦しかったです(笑)

蕨『麺屋 永太』特製海老蟹スープラーメンの感想

蕨『麺屋 永太』 特製海老蟹スープラーメン 貼り紙
券売機のところに、4周年記念の貼り紙。

蕨『麺屋 永太』 特製海老蟹スープラーメン 中盛り
特製海老蟹スープラーメン・中盛250g、750円(4周年記念のため価格据え置き)。具はチャーシュー、メンマ、海苔、ネギ。そして海老を砕いたものがのっている!

蕨『麺屋 永太』 特製海老蟹スープラーメン アップ
いつもと違う濃いスープの色がうれしい。

蕨『麺屋 永太』 特製海老蟹スープラーメン 甘海老
海老を砕いたトッピング。この赤い粉を見ただけで、2時間待ちの疲れが吹っ飛びましたね。食べに来てよかったとしみじみ思う。

スープをひとくち飲むと、すごくおいしい。え、こんなにおいしいかな?

長く並んだから空腹補正かもしれないと、お水を飲んで食べ始める。やっぱりおいしい(語彙力なし)。

これはほんと、スープだけで提供されても食べに来たいくらいの味!

普段の永太さんの魚介豚骨も、食べるたびにおいしいなーと思っている。でも特製海老蟹スープは海老と蟹がはっきりと味わえて、特別感のあるスープだった。

いつもは後半に卓上の辛みやにんにくを入れて楽しむけれど、味を変えてしまうのがもったいなく、最後までそのまま堪能していただきました。

 

ところで、私は永太さんはお水もとてもおいしいと思っている。気のせいだろうか?

ラーメン屋さんだからおいしいお水を使っているのかもしれない。けれど、いつも清潔なピカピカのコップで飲めるから、素晴らしくおいしく感じるんじゃないかなあ。

料理のおいしさはもちろんのこと、そういうお店の誠実な姿勢がとても魅力的でありがたいです。

4周年おめでとうございます。ごちそうさまでした。

『麺屋 永太』公式Twitter

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事一覧:外食

コメント

*

PAGE TOP ↑
single